マンションの資産価値向上に関するコンサルティング

 

ここでいうマンションの資産価値の向上とは、皆さんのマンション価格の維持・向上に関する話です。

マンションの価値を上げる一つの方法として、共用部分であるエントランス廻りや、外壁、内壁等を手直しする方法があります。

また、築35年以上のマンションでは、稀にオートロックが導入されてないケース が見受けられます。

エントランスは人目につき易いため、皆さんのマンションの資産価値を向上させ、尚且つ快適な住環境にグレードアップさせることを目的に一度リニューアルをご検討されてみてはいかがでしょうか。

具体的にはオートロックシステムの改良(現在はインターフォンでなく携帯に来訪の知らせが届くシステムや指紋認証、顔認証もあります)およびエントランス廻りのステンレス建具のリニューアルは、比較的コストパフォーマンスが高いマンションの資産価値向上といえます。

外壁や窓枠等につきましても、今風にリニューアルすることで、マンション価値の向上になります

また、古いマンションでは 少子高齢化等の理由により、建替え決議が可決される可能性が極めて低いため、専有部分をリノベーション、或いはリフォームする区分所有者の方々が年々増えております。

マンション業界では、『これからはリノベーションの時代が到来する』といわれています。

幣事務所では、マンション管理士というコンサルタントの立場で、共用部分と専有部分のリニューアルに関するアドバイスをさせていただきます。 どうぞお気軽にご相談ください。

小松マンション管理士事務所