法人のゴルフ会員権管理ご担当者様から会員権管理のストレスを取り払い、悩みを解決するようにお手伝いいたします。

 

TKゴルフサービスの代表は、公益財団法人日本生産性本部認定経営コンサルタント資格を保有しており、経営的な視点で御社のゴルフ会員権の資産価値を高めるためのコンサルティングを行います。

法人ゴルフ会員権とは?

法人名義の会員権とは、法人会員の1名記名式会員権のことを指すのが一般的です。個人会員から法人会員、法人会員から個人会員へ書換を認めているゴルフ場もあれば、法人会員のみ(よみうりGC・レイクウッドGC・久能CCなど)や逆に法人会員入会ができないゴルフ場(小金井CC・我孫子GCなど)もあります。

法人会員権は会社が所有するため、会員権購入時の名義変更料や手数料などが経費計上でき、資産で計上することや、時価評価や売却損で欠損処理ができます。 その他、法人会員権のメリットは記名者の変更が通常の書換料の半額程度で出来る為、利用しなくなった記名者を他の利用する記名者へ名義書換する経費を抑えることができます。

会員権が資産計上されている場合、年会費・ロッカー代・プレー代(事業目的)などが交際費となり、中小法人の場合、年間800万円までは全額経費(平成31年度まで)になります。

法人会員権にはデメリットとなるケースもあります。2記名式[1]とか3記名式という登録内容の会員権があり複数の記名人をまとめて登録し、市場流通している法人会員権もあります。 2記名式は2記名式のみしか名義書換できないケースや、2記名式をばらして1記名にできるケース、またそれに伴う分割手数料がかかる場合などさまざまです。 特にばらせない(分割不可)場合、同時に記名人数分の需要がないと売買が成立しませんので換金する際にはデメリットとなります。

詳細は弊社スタップへお問い合わせ下さい。

TKゴルフサービス法人営業部

弊社では100%企業経営の視点で、取引先企業との良好な関係構築や社員・役員のモチベーション向上を踏まえた上で御社のゴルフ会員権保有のお手伝いを行いますので現状よりも改善、見直しができることが沢山あります。また、時価評価や同一法人内の名義書換など面倒なこともフルサポートしますので、会員権管理ご担当者様が円滑に運営きるよう御社のゴルフ会員権お悩み解決先としてどんなことでもお気軽にご相談ください。

まずは無料で相談いたします。些細な事でもご連絡ください!

copy right 2019 disined by TKゴルフサービス